« スリーイニングチケット | トップページ | 真中のホームランボール »

横浜5対7東京ヤクルト「真っ向勝負は勝ってこそ・・・」

また真中にやられた・・・(泣)
前に観に行ったハマスタでのヤクルト戦の時も、真中に逆転打を打たれてたんですよね。
しかも今度はあんな絵に描いたようなホームラン。
打たれる直前のクルーンの球は159kmと、球場はどよめいていたんですけどね。
でも、どんなに速くても、なぁ・・・

村田ユニを着ている女の子に向かって、
「おい村田ぁ!あの場面はクルーンでよかったのか?」
なんて絡んでいる仕事帰りのおじさんの姿も帰り際見受けられました。

正直、自分は真中敬遠でもよかったと思うんですけどね。
その後の米野・田中浩で「一人一殺」のような感じで。
これからの対戦に向けて、ここは真中を抑えておきたい!
というところだったんでしょうが・・・
残念です。
ムード的には横浜、十分勝てる試合でしたし・・・

「勝負に行って負けたのだから仕方ない」
なんてことはない。
真っ向勝負なら、必ず勝たなきゃ。

ホセロのホームラン、あれもスタンドに吸い込まれるような感じで
ベイスターズ側はめちゃめちゃ盛り上がったんですけれど・・・
続投させたがゆえに逆転された、というのもありますが
あの場面、ホセロが打席に立っていなければホームランも出なかったわけで。
彼は責められないよなぁ。

あとは加藤。
四球→Fc→ホームラン、と、1安打しか打たれてないのに3点を献上。
先日の巨人戦でも似たような光景を見ましたが、
相手に効率のよい攻めを提供する、相変わらずの自作自演っぷり。
先発としては、0-17で千葉ロッテに負けた2005年の交流戦、
あの頃とまるで変わらない印象です。
個人的にはもう「先発・加藤」にはちょっと・・・って感じです。

とりあえず悔しいので、
今日も神宮に行ってこようと思っております。

にほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ

|

« スリーイニングチケット | トップページ | 真中のホームランボール »

01.横浜DeNAベイスターズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 横浜5対7東京ヤクルト「真っ向勝負は勝ってこそ・・・」:

« スリーイニングチケット | トップページ | 真中のホームランボール »