« VIVA LA INTER LEAGUE!(5) | トップページ | VIVA LA INTER LEAGUE!(6) »

広島3対4千葉ロッテ「東出に学ぶ」

本日相模原での試合は中止・・・残念。
野中の2番・ショートは見たかったです。

で、この時間まで、「広島vs千葉ロッテ」の試合をテレビ観戦しておりました。
試合終了後に、母親のすすり泣く声で
今日が藤原紀香&陣内智則の結婚披露宴であることを思い出しました。
素で、完璧に忘れていた(苦笑)
ちょっと惜しいことをしました・・・

しかし、まぁ、交流戦の組み合わせもそうそう見られるわけではないから・・・と
自分をちょっと慰めてみる。どうせ明日の朝たくさん放送あるでしょうからね(笑)

で、この試合ですが、
広島3点リードのところ、千葉ロッテが終盤の攻撃で着実に加点し
逆転勝ちを収めたわけです。

しかし、最終回の広島の攻撃、
一つのプレーに魅せられました。

9回二死一塁、バッターは東出。
その初球!
まさに意表をついたセーフティーバントを試み、
そして一塁へのヘッドスライディング!
間一髪セーフ、というなんともハラハラするプレーを見せてくれたのです。

試合は次打者の栗原が、初球をカンタンにセカンドゴロとしてしまい
終了してしまったわけですが、
9回あと1人のところでの東出のプレーは、大きな余韻を残してくれましたね。

あのプレーでついた勢いをもっと大事にしていれば、
ひょっとしたら今頃、広島はサヨナラ勝ちを収めていたかもしれない。
流れを変える瞬間でしたよ、まさに。あだ

奇想天外だし、
これで失敗すれば叩かれるかもしれない。
そんなギリギリのプレー。
でも、そんな想像以上のものを魅せてくれるのが、プロのプレーなのだと。

打って、走って。
ひたむきさももちろん大切なのですが、
こんな予想外のプレーを成功させてくれるような瞬間にも
ハマスタなどで出会いたいものと思います。

東出、いい選手になってきたなぁ。

|

« VIVA LA INTER LEAGUE!(5) | トップページ | VIVA LA INTER LEAGUE!(6) »

20.交流戦」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 広島3対4千葉ロッテ「東出に学ぶ」:

» スポーツスパ アスリエってどうなの? [アスリエ]
スポーツスパ・アスリエで痩せたい!アスリエってどうなの?がわかるブログ [続きを読む]

受信: 2007年5月31日 (木) 16:12

« VIVA LA INTER LEAGUE!(5) | トップページ | VIVA LA INTER LEAGUE!(6) »