« 小倉優子音楽隊 | トップページ | 私事で恐縮ですが »

震えるつま先 高鳴る鼓動

今回のオールスターで、観戦している者としてのテンションを
実に実に高めてくれたのは、
ほぼ完全に再現されていた「選手登場曲」でした。

ロッテ・西岡こそ何かの事情かで曲が使われていなかったのですが、
ベイスターズの選手のみならず、他の球団の選手も
打席に入る時の登場曲がきっちりと使われておりまして、
それが球場の臨場感を高めてくれておりました。
(投手に関しては、すべての人に使われていたかはわからなかったのですが)
G.G.佐藤選手のオリジナル曲まで登場してましたしね。

小久保選手はSMAPの「ありがとう」を使ってるんだなー、など
なかなか聴けない曲もあったりで楽しかったですね。

その中でも、特にハイライトであったのは、やっぱりこの人。
3456
藤川球児!
まさかハマスタで「every little thing every precious thing」を聴けるとは・・・!
昨年甲子園でこの曲を聴いた時、
阪神ファンがどうしてこの瞬間に心惹かれるのかがわかった次第。
それが、ハマスタで再現されるとは・・・素晴らしい。
わずかな時間ではありましたが、しばし幻想に酔った時間でありました。
これこそが「夢のある空間」なんだなぁ、と。

なお、余談ではありますが、
3452
マーク・クルーン登場時には、あら懐かしの「ガソリーナ」が登場。
2005年頃のハマスタの熱狂を思い出します。
「Welcome Back!!」というか、
「Please come back!!」と書いても良かったかも(^^;)

にほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ

|

« 小倉優子音楽隊 | トップページ | 私事で恐縮ですが »

03.横浜スタジアム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 震えるつま先 高鳴る鼓動:

« 小倉優子音楽隊 | トップページ | 私事で恐縮ですが »