« 横浜4対6巨人「ハマの牛若丸、その片鱗」 | トップページ | ぼく、ブーブ!(49) »

とても残念な出来事

昨日も昨日で、YYパークではさまざまなイベントやグリーティングが
にぎやかに行われていました。

が、その中で、とっても残念な出来事がありました。

「応援団による応援練習」の最中、
そこに参加しようとしたエキベーに、
「横浜ベイスターズを愛する会」の方が、突然飛び蹴りを食らわせてました。
エキベーは突然の出来事に、応援練習に加わることなく
グリーティングへと戻っていきました・・・

いったい、何のつもりだったんでしょう、その人は。

エキベーが心配で、応援練習を抜けてグリーティングの方へ向かいました。
幸いにしてエキベーは元気に
10411048
いつものエキベーらしい姿を見せてくれていたので、
とりあえず安心はしたのです。
でも、やっぱりちょっと暗い感じになっていたように見えましたね。

でも本当に何故、エキベーが蹴られなきゃいけないのか。
スキンシップのつもりなのか、愛情表現のつもりなのか。
でもだとすれば、もっと他の方法があるはずです。
YYパークには、子供がいるんですよ。子供の見ている前なんですよ。

それに一目で見ればわかる通り、エキベーには腕がありません。
万が一のことだってないとは言えません(こんなこと、本当は書きたくない)。

ちなみに前日(9月14日)の応援練習の際には、ブーブが途中から参加してましたが
その「蹴りを食らわせた」ベイ愛の人は参加しておりませんでした。
実は今日の練習、一番最後の方でブーブも練習の中に入り込んでいたんですが、
10561
こんな感じで、前面に出るということはなく、
ステージのサイド側で正座をしていた感じでした。
(ちなみに隣には、ベイ愛の別の方が正座をしています)
前日は端っこながら堂々と練習に出ていてくれたブーブなんですが・・・

実際のところの事情はわかりません。
ただ、もしその人がエキベーを蹴るのに何か正当な理由があるとしても、
暴力を振るうというのは決して肯定される事ではありません。
その行為がスキンシップであったとしても、
であればエキベーがその場を立ち去るようなことにはならないはず。

少なくとも自分が観客として見た限りの事実は、
ふらっと応援練習にやってきたエキベーが、
いきなりベイ愛に蹴られて、応援練習の場をすぐに離れた

ということです。

ハマスタの場合、他の球場と比べても
マスコットとの距離が近いし、遭遇率も高い方だから
様々なコミュニケーションをとることができる場所ではあります。

ただ、コミュニケーションのとり方を間違ってはいけないと思います。
後ろから頭を叩く事、いきなり蹴りを食らわす、タックルをするという事。
決してマスコットたちが喜んでくれることではないですよね。

勝利のときも敗戦のときも、一緒に気持ちを分かち合うような。
チームとファンをつないでくれる、大事な存在なんですから。

もっともっと、マスコットたちを愛でてあげてほしいと思います。
わずかながらの、僕の願いです。

にほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ

|

« 横浜4対6巨人「ハマの牛若丸、その片鱗」 | トップページ | ぼく、ブーブ!(49) »

07.エキベー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: とても残念な出来事:

« 横浜4対6巨人「ハマの牛若丸、その片鱗」 | トップページ | ぼく、ブーブ!(49) »