« サンキュー、パトリック! | トップページ | 選手登場曲の魅力 »

真中、度会、河端、そして小野。

ということで、
2332
この4選手の引退試合。
内外野自由席は1・3塁側ともギッシリ、という中で行われました。
2307
またパトリック氏登場(^^)

試合終了後、しばらく経ってから始まった引退セレモニー。
2474
ここではヤクルトの、引退する4選手の
引退セレモニーの様子を、三塁側より紹介したいと思います。
2476
妙に場を仕切っているつば九郎がスゴい(笑)
1,000試合出場の貫禄と言うべきでしょうか。

まずは河端龍投手。
2363
2478
また、いちいちセレモニーの時のロゴがカッコいいんだ(羨)

僕がまだ今ほどベイスターズにのめりこんでいない頃、
ヤクルトの中継ぎと言えば河端、というのが
巨人戦中継などで思いっきり刷り込まれていました。
セレモニー中の映像でもありましたが、
大阪近鉄との日本シリーズの頃はまさに全盛という感じ。
若松監督時代を支えた中継ぎエースですよね。
今は背番号も70と、故障もありかなり厳しい立場にいたようですが、
ベイスターズファンとしては「河端いないよなぁ」と
結構気にかかる存在でありました。
2522
「僕なんかの為に」というような言葉を何度も繰り返していましたが、
これだけのめちゃめちゃ立派な成績を残してるんですから。当然です!
感慨深そうな表情には、ねぎらいの言葉をかけずにはいられませんでした。

続いては小野公誠捕手。
2433
ごめんなさい、小野の映像が撮れませんでした。
まさか真中と立て続けとは思ってなかったので(苦笑)
2524
初打席がホームラン、
そして最終打席もホームラン。
やっぱりできすぎな野球人生ですよねぇ・・・
きっと下の選手からも慕われていたんだろうなぁ。
引退が決定したのがこの試合当日だったそうで、
残念ながら映像も流されず、不憫な部分は感じましたが
ベイスターズファンでも感動してしまうような、ドラマティックな幕引き。
ドラマティックって、まんま今年のスワローズですよねぇ。
今後はフロント入りされるそうで、引き続き燕軍団をサポートしてあげてください!

続いては度会博文内野手。
2399
通算成績を見てビックリしたんですが、
え?こんなにヒット打ってなかったっけ?
こんなに出ていなかったっけ?と素で驚きました。
2401
度会なんかもう、いつもグラウンドにいたような気がするし。
あのファンファーレだって、いつも聞いていたような気がするし。
2491
あまりに強い印象と、実際に残した成績のギャップに驚きました。
(成績が低い、ということではないです。あまりに少ないと思ったのです)
2484
「愛された男」。まさにそうなんだろうなぁ。
2489
「ピーコのファッションチェック」のハマりっぷりにビックリ(笑)。
2492
家族的なチームと言われ続けるヤクルト。
その21世紀の象徴のような存在だったんだろうなぁ。
まさに「記録よりも記憶に残る」、そんな存在と思います。
2532
そんな度会の挨拶は、ウケ狙いでもなんでもなく、
周囲の皆さんへの深い感謝を現すものでした。
その瞳に涙が光ります・・・

そして、真中満外野手。
2426
キャバクラ王として「ジャンクSPORTS」でも名を馳せました(苦笑)
でも考えてみると、琢朗と同い年なんですよね・・・
彼には本当にいろいろとやられました・・・
クルーンから放った逆転3ランもVTRで紹介されてましたね。
2428
最終打席。
牛田から、最後は三振に倒れました。
2493
そんな真中の引退VTR。
2494
昨年あたりでしたっけ?
石井一久の「I-Project」だったかで真中がフィーチャリングされたのって。
なんかすごく懐かしいのですが、まさに「ここ一番の男」。
2498
ひゃー!若い!
でも意外とレギュラー定着までには時間がかかったんですよね。
今で言うと志田みたいな感じだったと思います。
毎年レギュラー候補なのに、ちょっと足りない、そんな感じ。
でもレギュラーになってからの活躍のめざましさと来たら・・・
よく「真中」なのにセンターじゃない、とか言われた事もありましたよね。
(リック・ショートなのにサードとかレフト、と似ているな^^;)
2501
これ観てた、観てた(笑)
このバレンタインドッキリね!気の毒でしたよねぇ。
スワローズはこういうエピソードやVTRがいっぱいあっていいなぁ。
TBSももっともっと、ベイスターズをいじってほしいよねぇ。マジで頑張れ。
2502
我ながらよく撮れてしまった、この写真。
2504
もう忘れたいんだから流さないで!(泣)
今年は金本の逆転ホームランに絶望したけど、
昨年は真中のこれがあったんですよねぇ・・・
2507
昨年は本当に代打でよく打たれた、そんなイメージばっかりでした。
今年何故これだけの選手を使わなかったのか?本当にわからない・・・
2510
マジでベイスターズ来ませんか?とも思いますよ、今でも・・・
2534
そして、真中の挨拶。
2535
度会の分もとばかりに、
さすがに場慣れしているのか、真中は次から次へと
面白トークを飛ばしてくれます。
後ろの高田監督も、ちょっと笑顔を見せていたり。
2536
でも、ちょっと、言葉に詰まる場面も。
2542
しかし最後まで、終始笑顔で、周囲の皆さんやファンの皆さんへの
感謝の言葉を発してくれました。
2543
この笑顔!
やりきった男の笑顔ですよ。
最高じゃないですか!!

そして胴上げ!
2548
写真は真中の、なんですが、
小野の時はなんだか重そうな雰囲気満載で、
球場中から笑い声が(笑)

2549
一塁側からは勿論のこと、
2556
三塁側からも、惜別の髪テープが投げ込まれます。
※後ろ見ると、まだレフトスタンドに結構ベイファンが残ってますよね!

255025532558
また公誠だけ撮影できなくてすみませんm(_ _)m
これ、なんで1人ずつ出ているんだろう、と思ったら、
2559
1人1人が、ご家族の皆さんと記念撮影をする、
そのバックの画像だったんですね!
なんとも贅沢なビジョンの使い方・・・素晴らしい!

そして真中を筆頭に、
2560
一塁側からライトスタンドへと、
ファンへの挨拶です!
2564
ライトスタンドへとたどりつく真中。
2566
最後の挨拶です!
なんて素敵な笑顔・・・
2567
名残惜しそうに、スタンドを何度も見やります。
ファンもこれは嬉しいだろうなぁ・・・こんな笑顔されては、ね(^^)
2569
そして度会も。
彼らしい、いい笑顔です!

ちなみに4選手とも、ライトスタンドからレフト⇒三塁側へと移動。
結構少なくなってしまったベイスターズファンにも、挨拶をしてくれました!
自分も三塁内野側で、選手達に声をかけさせてもらいました。
嬉しかったですよ、来てくれて!

そうして、一つの時代が幕を閉じ、
2574
そしてまた、新しい時代が始まろうとしています。

最後の最後で、よき想い出。
2582
このセレモニーに最後まで立ち会えたことに、
この上ない嬉しさを感じています。

興奮の神宮劇場。
贅沢な時間を、想い出を、ありがとうございましたm(_ _)m

にほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ

|

« サンキュー、パトリック! | トップページ | 選手登場曲の魅力 »

18.他球団情報」カテゴリの記事

コメント

管理人さん、お返事をありがとうございます。

今年も色々ありました。
ドラマもありました。
今シーズンもありがとうございました!来年度も楽しみに待ってます(^O^)/

投稿: お電話ホッシー | 2008年10月18日 (土) 12:12

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 真中、度会、河端、そして小野。:

« サンキュー、パトリック! | トップページ | 選手登場曲の魅力 »