« 横浜3対4東京ヤクルト「僕たちは、夢(ドラマ)を観る」 | トップページ | 真中、度会、河端、そして小野。 »

サンキュー、パトリック!

スワローズ引退セレモニーのことを書く前に、
「彼」のことも書いておきたいと思います。

昨日の石井琢朗のベイスターズ最後の打席。
一緒に声援を送ってくれたヤクルトファンはもちろんのこと、
打席に入る前に「レッツゴー、タクロー!」と球場に大きく響く声で
送り出してくれた、スワローズスタジアムDJのパトリック・ユウ氏。
2311
琢朗の引退試合では決してなかった(苦笑)
ですが、チームが違っても声援を送ってくれた、その気持ちが嬉しい。
琢朗のベイスターズ最終打席に、輝きを与えてくれた事、
大感謝です!

いつも「GO!GO!スワローズ」とか「レッツ・ゴー・(飯原)ヤスシ!」とか
様々な合いの手で試合に介入(失礼^^;)してきたパトリック。
試合前、ハイビジョンに映し出されるインタビューも、
試合中のクイズに関しても(昨日は大ハプニングがありましたね^^;)、
敵チームのファンからの視点ではありましたが、なかなかの楽しみでした。
またいつも試合前に「ベイスターズファンも楽しんでいってくださいねー!」と
必ず入れてくれるところもよかったですね。

試合後、引退セレモニーの前に、
DDSを送り出した後、パトリック氏の挨拶。
2462
あくまでも「主役は選手」とばかりに、セレモニーに入る前に
自分の挨拶を終え、そしてその場を選手達に譲ってくれたパトリック氏。
挨拶を終えた後、ライトスタンドからは自然に
「パトリック!パトリック!」とコールが巻き起こっていました。
それは少し意外な光景ではありましたけれども、
この1年間を振り返ると、そのコールが起こるのは自然なことでもあったと。
そう思います。

神宮球場の試合、
前とは比べ物にならないほど面白くなりましたもんね。

ちょっと前まではイベントもほとんど何もなく、
淡々と試合が進んで行き、
イニング間はコカ・コーラと東芝とヤクルトと
ニッポン放送と文化放送とフジテレビのCMが流れるぐらい。
「野球」を楽しむ分には楽しめる、シンプルな雰囲気はありましたが、
ハマスタのようにイベント満載の球場に比べると、寂しさは否めず。

そんな地味な雰囲気をなんとか変えよう、ということなのか
「BEAT PARK」という試みもあったりとか、
「F-Project」で少しずつ変化が出てきて、「傘振りコンテスト」なども生まれましたが、
今年の神宮球場大リニューアルで、本当、劇的に変わりましたもんね。
進んで足を運びたい、友人や同僚と一緒に行きたい、
そんな球場になってきました。

そしてそのムードの変化の一翼を担っていたのが、
紛れもなくパトリック・ユウその人であったと思います。

正直、ベイスターズが負けている時は「パトリック!うるさい!」と思った事もあったし、
いちいち「レッツ!ゴー!ヤスシ!」「ヤスシ!」なんて入れてくるな、なんてことも
思った事もなくはなかった(すみません^^;)。

だけど、この人が試合前から試合の最後まで、トータル的に
スタジアムの内外で精力的に動いてくれたことで、
凄く神宮球場の雰囲気に、統一感が生まれたと思うのですね。
「傘振りコンテスト」がなくなっても、ちっとも寂しくない。
本当、じめじめ感が感じられない。劇的に明るくなったと思いますよ。
※また、スワローズの選手がみんな、登場曲の選曲センスがいいんですよね。
どの球場と比べても、その格好良さは異常なほどだと思います。

あくまでも僕の中では、
地域性の拡大と歴史の見直しに着手した埼玉西武と並んで、東京ヤクルトが、
今年最もファンサービスに力を入れた球団の一つだと思っています。
※ファンからの自然発生的に大盛り上がり大会になった広島、
相変わらずの完成度の高さでさらなる高みを目指す千葉ロッテ、
ドアラ人気に引っ張られてさらに面白さを増した中日などもありますし、
他の球団も何もやっていないとは思っていませんからね。

セレモニー終了後、引退選手の後に
2571
ライトスタンドに挨拶に出向いたパトリック氏。
そして最後は
2573
万歳三唱までやってみたりして(笑)
すごいな、この愛され方。
既にスタジアムDJの域を超えていると思う・・・
※一塁側ブルペンで、ピッチングフォームまで見せてましたね(笑)

「また来年も是非、このスタジアムでお会いしたい!」
そんな言葉を残してくれていましたが、
ベイスターズファンの自分からも是非、
パトリック・ユウ氏の続投を強く望みたいと思っています。
神宮球場も、ハマスタに負けないぐらい、面白くなってきましたよ!

あらためて、昨日のタクローコール、本当にありがとう!!
また来年、神宮球場に行く事を楽しみにしています。

にほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ

P.S.
DADSのCDを購入できなかったのが悔やまれます(泣)
何気にあの曲、いい曲ですよね。
DDSも1年間、お疲れ様でした!

|

« 横浜3対4東京ヤクルト「僕たちは、夢(ドラマ)を観る」 | トップページ | 真中、度会、河端、そして小野。 »

18.他球団情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: サンキュー、パトリック!:

« 横浜3対4東京ヤクルト「僕たちは、夢(ドラマ)を観る」 | トップページ | 真中、度会、河端、そして小野。 »