« 乗り越えろ、ウッチー。 | トップページ | B★SPIRITのポイントについて »

横浜5対3東京ヤクルト「恋はスリル、ショック、サスペンス」

只今、湘南新宿ラインのグリーン車内で、この記事を書き始めています。
ええ、ベイスターズの勝利を祝っての、ささやかな贅沢をば(^_^)v

でも、いや、もう、本当にドキドキでしたよ。
ヤクルトもしぶとく加点してくるし、福地は絶好調だし、いつホームランを打たれるかもわからない打線。
最終回、飯原・畠山と続く代打陣は規格外なことこの上ない状況でしたしね。
それでもよく守ってくれました!

というかこの試合、本当にナイスゲームでしたよ。
随所に好プレーが出てましたよね。
青木とか仁志とか佐伯とか。
「野球とは」ではなく「プロ野球とは」で語れそうなプレーでした。
ウッチーもいろいろ心配な部分がありましたが、それを吹き払うように猛打賞!
打率も3割に乗せてきました(^^)
※前述の青木のファインプレーがなければ、4安打も夢ではなかった。

そして今日は、先制となった内藤のプロ初ホームラン!
素晴らしい弾道、よく打ってくれました!

吉村や野口のタイムリーも、ここぞ!というところで打ってくれましたしね。

あとは惜しかったのはコバフトですね。
5回ツーアウト、あと1人打ち取れば・・・というところで無念の降板。
「久々にテンポいいピッチングを見てるよ!」というお客さんの声もあるほど、気持ちのいい小気味良い投球を見られました。
降板の際には、コバフトに惜しみない拍手が送られてましたね。
そして同時に、那須野への「えーっ!?」という声も大きかった。
あれ、知らない人が聞いたら、この那須野ってピッチャーのことをどう思うんだろう。
でも・・・今日、那須野ってなんかしたっけ?(苦笑)

※続きは帰宅してから書きます。今、新宿を通過(^O^)

|

« 乗り越えろ、ウッチー。 | トップページ | B★SPIRITのポイントについて »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 横浜5対3東京ヤクルト「恋はスリル、ショック、サスペンス」:

« 乗り越えろ、ウッチー。 | トップページ | B★SPIRITのポイントについて »