« ブーブのブーブー | トップページ | 波留の予感 »

フレンドパーク、西武に惜敗

いや、惨敗と言ってもよかったか(^^;)

昨日放送の「東京フレンドパーク2」は
一足早いセ・パ交流戦
(ここで「日本シリーズ」と書けるようになればね・・・^^;)
横浜ベイスターズvs埼玉西武ライオンズの対抗戦でした。

結局、シーズンと同様に
「追いつかない程度の反撃」までは見せたものの
最後の最後でホンジャマカに撃沈(泣)
プロの技の前に完敗、という感じです。

まあ、ゲームですからね、とは言えるんですが、
なんというか、その「魅せ方」、
テレビ番組に出演して何を見せようか、という希求力も
ライオンズの方が一枚も二枚も上手だったかな、と。
そういう点でちょっと歯がゆかったんですね、昨日の番組では。

ライオンズもこの機会に、いいメンバーを揃えてきましたよね!
現プロ野球界屈指のエンターテイナー片岡、
それこそスワローズ時代に鍛えられた石井一久、
その存在感っぷりを見せ付ける中島。
この3人だけでも「ライオンズは明るいチームなんだな」と
思わせられるような、いいアピールっぷりだったと思います。
現に「ライオンズってみんなイケメンですね!」と
職場の男性からも声が出るほどでした。
プロ野球にあまり興味のない人でも、
そうひきつけられるものがあったわけで。

対してベイスターズ、
ウッチーはさすがに声は出してくれていましたが、
吉村がなんとも微妙な雰囲気をかもし出している(ように見える)、
そしてこのシーズン前の時期で、トレードで入りたての
清水直行が登場している、という。
本来であれば番長あたりがしっくりくるところなのですが、
三浦に続く、世間にアピールできる選手というのが
正直、見当たらない・・・そんな状況が露呈しちゃった感じが(泣)
でも、そんな状況下でもウッチーが「直さん!」みたいに呼んでて
それだけでも清水がウチの一員なんだな、という実感が
少しずつですが沸いてきています。

まあ、せっかくの親会社での
数少ないゴールデンタイムでの露出の機会、
もっとはじけてくれても良かったかな?という感じはしますね。
まあ、彼らはお笑いタレントではなくて
プロ野球選手なんだから、という声もあるでしょうけれど(^^;)
ライオンズ側がこの収録を楽しんでる雰囲気が伝わってきただけに
ちょっと惜しいな、と思った次第です。

しかし、それにしても
こんなゴールデンタイムで野球中継以外に
ホッシー、そしてレオの姿を目にすることができるとは・・・
てっきり最初と最後ぐらいしか出番がないと思っていたのですが、
思った以上の露出っぷりは嬉しい限りでした(^^)
特にホッシーの黄色はテレビ画面に映えるなあ、と思った次第です。
ホッシーが目を押さえて涙する場面なんか、もう、いい画で(^^)

次はもちろん交流戦、
ホッシーとレオの闘いの続きも見てみたいです。
今年も是非、所沢と横浜でのマスコット(そしてできればチアも)交流を!

にほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへにほんブログ村 野球ブログ 球団マスコットへ

|

« ブーブのブーブー | トップページ | 波留の予感 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

昨日、こちらの欄にコメントをお寄せくださった方がいらっしゃいましたが、当ブログ・この記事と関係のない内容と判断し、削除させて頂きました。

投稿: ジロウ | 2010年2月20日 (土) 09:03

お久しぶりです。
気付いた時は、オープニングの途中でした。
それにしてもじゃんけんの時にレオがまさか、ホッシー叩くとは思いませんでした。
エキベー、ブーブが乱入するところを期待していたのですが。
走るクイズがなかったのも残念ですね。
最後のホッケーですが以前でぶやでベイスターズ特集を組んだ石塚さんにとってベイスターズ戦士と対決できたのは、良かったんじゃないかと思います。
またこういう企画を組んで頂けると嬉しいです。

投稿: ta☆ka | 2010年2月21日 (日) 00:21

ta☆ka様>

「フレンドパーク」は4月以降、ああいった対抗戦形式になるようです。自分も「ボディ&ブレイン」(=走るクイズ)は好きなんですけどね。
そう、レオのグーパンチは結構びっくりでした。紳士のはずなのに(^^;)でもああいうのも番組としては面白い見せ方ですね。
来年以降も「ベイスターズvs他球団」みたいな感じで開幕前とかにあると面白そうですね。TBSもそうやって、ベイのスターを作り出してほしいです(^^)

投稿: ジロウ | 2010年2月22日 (月) 00:16

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: フレンドパーク、西武に惜敗:

« ブーブのブーブー | トップページ | 波留の予感 »