« 誕生、dianaプレイングディレクター! | トップページ | 前略、内川聖一様。 »

もっと、ドラマを!ベイスターズに。

さっきまで観てた「Q10」、いよいよ来週が最終回。
どんなラストを迎えるのか、予告も出てないので
今から本当、ドキドキしています。ぱふ。

…と、その「ドラマ」の話ではないです(^^;)
でもQ10は本当にかわいいですよね。


で。
この話の前提として
「井手正太郎は何も悪くない」
ということを先にあげておきます。

ただそれでもあえて言わせてもらえれば、
ぶっちゃけ、
Cimg6121
井手正太郎になんで背番号26?

心情的には内藤雄太に
来年から背番号26を背負ってほしかったですね。

ベイスターズファンの方ならご存知の方も多いと思いますが、
内藤と言えば、佐伯さんとの間でものすごい因縁のある選手。
Wikipedia参照
かつてオリックスの岡田監督が、村山投手の引退試合で
キャッチボールの相手を務めていた、という逸話もありますが、
ドラマ性としてはこの佐伯-内藤のラインも負けてはいないですよね。

何故、こういうドラマ性のあるものを
ベイスターズという球団は生かそうとしないんでしょう。

単純に、ベイスターズの魅力を他の人に伝えるのに
語れる話題が一つ増えるんですよ。
それで内藤にも注目が集まり、
また先方、ドラゴンズの佐伯さんにも注目が集まり、
ベイスターズvsドラゴンズの戦いに、一つの彩りが加わるんです。
こういうことが、なんでできないんだろう…

もちろん、「もっと結果を残してから」という声もあるでしょうし、
何より内藤自身が別に、佐伯さんの背番号を引き継ぐという意思を
全く持っていないかもしれません。

佐伯から内藤の手に。
それは僕らファンだけが描いている幻想かもしれないし。

戦力外にした選手の背番号だから、その人の面影も残さず心機一転、
ドラマも何もねぇ、そんな感じなんでしょうね。
(実際、正太郎に変更可能な番号を「26」か「38」と提示したらしい。
もし正太郎と内藤、契約更改の順番が違っていたとしたら…?)
琢朗さんの背番号5が「ごはんのご」で野口に譲渡された時も
なんだかなあ、という感じでしたけど。

でも、僕らはその背番号に、
できることなら、勝手ながら、夢をのせたい。
そんなドラマの継続を、背負った背番号に観ていたい。

たとえば、森本稀哲の背番号「5」。
野口の時のそれとは対照的なものです。
新庄のもともとの番号「5」を背負うなんて、
ちゃんと稀哲の中でドラマがつながってるじゃないですか。
それも、タイガースでもファイターズでもない、ベイスターズで継続されるという。
僕らは稀哲の背番号「5」に、新庄の影をも見ることができるんですよ。
…まあ、思い入れ次第、なんですが(^^;)

でも稀哲が歩んできた今までの道が、
その背番号「5」、その1つに詰まっているわけで。
これって結構、すごいことですよね。

こんなドラマが、もっとベイスターズにあればなあ。
そう思って止まないんです。

「55」の呪縛?から離れた筒香が
「8」で見せてくれるドラマがどんなものになるのか、
それもまた新たなドラマとして生まれ出でるものだろうし。

他にも、
松原誠という偉大な打者のDNAを受け継いだ
背番号25がチームを文字通り背負うとか、
三浦大輔が最初に背負った背番号「46」を受け継ぐ田中健二朗のこれからとか。
いろいろ、もろもろ。
さまざまなドラマがこれから生まれることを願います。

幸いにして、正太郎も
「佐伯さんのようにチャンスで強く、ファンに愛される選手になりたい」
と言ってくれているし(神奈川新聞より)。
内藤にも背番号39で、また冴えたホームランをハマスタで見せてほしいですし。

背番号にもドラマがある。
選手たちそれぞれにもドラマがある。
そしてマスコットたちにもドラマがあるし、
dianaもプレイングディレクターの誕生で、
来年新たなスタートを切ることになり、そこにドラマも生まれるでしょう。

さらには、お客さん1人1人にだって、いろんなドラマがある。
ベイスターズを応援しているそのスタンスだって、それぞれに違うし。

ロマンあふれるドラマがたくさん詰まっている「ハマスタ劇場」
そんな来シーズンになることを、期待しています!

にほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへにほんブログ村 野球ブログ 球団マスコットへ

|

« 誕生、dianaプレイングディレクター! | トップページ | 前略、内川聖一様。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

井手さんは悪くないんですよね。
ただもし井手さんが別の番号選んでも内藤さんに26をって話にならない気がするんですよね…
来年井手さんよりむちゃくちゃ活躍して「26を下さい」って言え譲れるようなベイスターズの選手になって欲しいと思います
ただまぁベイスターズはもう少し…背番号を大事にして欲しいです、2年連続で首位打者を経験した選手の背番号を外国人選手にあげたりしないで…

投稿: みお | 2010年12月 4日 (土) 22:29

みお様>

内藤に背番号26を、とは本当にファンだけが願っているストーリーかもなんで、難しいかも、ですよね。
背番号を大事に、というのは同意です!
なんかその都度で新背番号が発表されているので、あまり計画とかなく決まった順番に紹介してるのかな、なんて思ってしまったりですね。
今後はウッチーの「2」に注目ですかねぇ。保留か、それとも来シーズンすぐに誰か背負うことになるのか。

投稿: ジロウ | 2010年12月 5日 (日) 12:56

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40080/50203135

この記事へのトラックバック一覧です: もっと、ドラマを!ベイスターズに。:

« 誕生、dianaプレイングディレクター! | トップページ | 前略、内川聖一様。 »