« REC!CHECK!レック!(6) | トップページ | 男なら、ここで一発。キヨシ、燃えろ! »

ありがとう、村田修一。

本当、大きな話が次から次へとでした。
2011年12月8日。

その中で、やはり。
村田修一。
正式に、ベイスターズを離れることになりました。

最初、FAの時に出てきた話を考えると、
なんとなくですが、
「自分の力がなくとも、優勝を味わわせてもらえそうなチームを探している」
そんな感じに映ってたんですよ、言葉は悪いですけど。

でも、そうじゃなかったんですよね。

あくまでも村田が「自分が主力として動けるその間に優勝したい」と。
ただ優勝したい、ということではなくて、
そのチームの中で、レギュラーとして戦い、
そして優勝を勝ち取りたい。
そのためには今ベイスターズが描いているビジョンでは、
時間がかかりすぎる…

…なんか、自分の中では、腑に落ちたんですよね。

正直、村田を失うのは嫌です。困ります。

自分がこうやってスタジアムに通うようになって、
それこそたくさんの、夢を運んでくるようなアーチをたくさん見てきましたからね。

村田が描く放物線、嫌いなわけがないじゃないですか。
今でも忘れないことがいっぱいです、

神宮で描いた2年連続単独本塁打王を確定させたアーチ。
田中将大から放った決勝アーチ。
佐々岡引退登板の時に放ったあのアーチも。
そして、その後の佐々岡とのやりとりも。

「9番・村田修一」に愕然としたこと。
2007年5月3日、ベイスターズを単独首位に押し上げた決勝ホームランを観た時、
たくさんのタイガースファンの中で1人立ち上がってガッツポーズしたこと。
鈴木健のファウルを取らなかった時のあの表情も、
WBCでの怪我離脱、そのことをホッシーナに告げて泣かせてしまったり(^^;)
その後、ウッチーが「背番号25」のユニを誇らしげに掲げたあの姿も。
札幌遠征、円山球場で見せてくれた、サンドイッチマン・伊達のような金髪の姿も。
ユニをかすってサヨナラ勝ちしたことも。
数多のフルスイングも、空振り三振も。
さらには数多のゲッツーも。
そして…
今年の全力疾走も、ガッツポーズも。
オールスターの「代走・村田」も。
2009年の登場曲「男一匹ド根性」も、いろんな意味で忘れられない1曲です。

もちろん、数多のホームランに、華麗な3塁守備。

今から考えたら、夢のようでした。
2006年に初めて実現していた、
内川・村田・吉村のクリーンアップ。
夢がいっぱい詰まった3人の若武者でした。
もうそのクリーンアップをベイスターズで観ることはできないだろうけど、
あの時のワクワク感が懐かしいです。

でもベイスターズはこれで、本当に新しいチームになる。
新しい息吹を感じてきました。
村田のジャイアンツの中での、いろんな意味での奮闘を祈りつつ、
村田に優勝はさせない!味わわせない!
そんな意気込みで相対していきたいと思います。
そして…
筒香が超えるべき、高い壁になってほしいですね。

右中間へ鋭い打球が飛んでいく、そんな光景が好きでした。
これからは警戒しなければいけませんね(^^;)

1人のプロ野球選手・村田修一を、これからも注目していきたいと思います。
まずは毎週土曜日、「ズムサタ」でその姿を見かけるのを、楽しみにしています。
長野より面白いことを言ってください(^-^)

これが最後になるのかな…
村田修一の応援歌、いきます。

鍛えたそのパワー かっとばせ
勝利をさあめざせ ホームラン
かっとばせ 村田!


ベイスターズを支えてくれて本当にありがとう。Imgp6657
どうか、よき戦いを。
がんばれ、村田!

そして、もう1つ…
ハマスタのスタンドで背番号25「男・閏哉」のユニを着る、
村田の愛息・閏哉君の姿を、ハマスタであまり見られなくなると思うと、
それもさびしいですね…
これからは、ジャイアンツユニの閏哉君の姿を見ることになるのかな。

閏哉君、
青い空の下で野球を観たくなったら、
いつでもハマスタにおいで。待ってるよ!

にほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ
にほんブログ村

|

« REC!CHECK!レック!(6) | トップページ | 男なら、ここで一発。キヨシ、燃えろ! »

01.横浜DeNAベイスターズ」カテゴリの記事

コメント

泣けました。
初めて買ったユニフォームが村田のでした。思い出がたくさんある分、複雑ですが来年は巨人戦少し楽しみです!

投稿: 石川のベイファン | 2011年12月 9日 (金) 04:47

村田選手、残念ですね。
きっと重圧も大きかったことでしょう。ベイの顔であり、キャプテンであり、高木のとっつぁんも「どんなに不調でも4番で出場しなければならないのがかわいそうだ」ともおっしゃってました。なので逆に怖いですね。重圧から解放されて、楽な気持で打席に入る村田選手は。

村田選手の移籍は賛否両論あるとは思いますが、ベイを卑下するコメントも無いし、ハマスタに帰ってきた際は、自分はブーイングではなく温かく迎えたいと思っています。

投稿: 多村 | 2011年12月 9日 (金) 10:53

そして、実際にジャイアンツ移籍、決まってしまいました…

石川のベイファン様>

初めて買ったユニ、というのは本当に思い出深いですよね!
自分にとってはそれは内川…(泣)
まだ村田の巨人ユニに目が慣れませんが、
来年、村田をしっかり抑えたいですよね!
寂しい気持ちはやっぱりありますけど、相手としてまた相対するのを楽しみに待ちたいと思います!

多村様>

「気持ちを押し殺して横浜に入った」みたいに、
ちょっと気になる発言が独り歩きし始めているのが怖いですね(^^;)
しかしながら本当、多村様の仰る通りで、重圧から多少なりとも解放された時の村田、というのが…
ここ数年は見られなかったシチュエーションですし、確かに怖いですね。
相手として、あまり右中間には飛ばされたくないですよね…
戦々恐々としつつ、自分もハマスタではそっと村田に注目し続けていたいと思います(^^)

投稿: ジロウ | 2011年12月15日 (木) 07:25

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ありがとう、村田修一。:

« REC!CHECK!レック!(6) | トップページ | 男なら、ここで一発。キヨシ、燃えろ! »