« 横浜DeNA6対5オリックス(観てないけど)、そして筒香離脱へ… | トップページ | サンキュー、マーク。―MARC KROON #42― »

藤子・F・不二雄ミュージアムに行ってきました。

今日は宜野湾キャンプも休日だった、ということで、
ベイスターズにほとんど関係ない話を1つ。

もう先々週の土曜日の話になってしまうんですが、Cimg3186
こんな場所に行ってきました。
この建物だけでは、ちょっとわかりにくいですね。
こんな場所です。
Cimg3184
藤子・F・不二雄ミュージアム!
心落ち着く、素晴らしい場所でした。

館内が残念ながら撮影(基本的に)禁止だったので、
写真も全然残せなかったんですが、
その代わり、まあ、常套句ですが、心の中にいっぱい残しましたよ(^^)

考えてみると昔「THEドラえもん展」を観に大阪・天保山まで行って、
その流れで初めて甲子園で野球を観て。
まだ星野監督が来られる前で、甲子園もガラガラだったんですけれど。
そんなことを思い出しながら、ミュージアムを楽しんでまいりました!
もしよろしければ、続きをご覧いただけたら嬉しいです(^^)

ミュージアムへの直通バス。
コミュニティバス、という趣ですが、
Cimg3178
ご覧のように、どこかで見たようなマークとか、いろいろと。Cimg3177
ブザーもコロ助仕様です(^^)
まあ、直通バスなので、ほぼ鳴らすことはありませんが(^^;)Cimg3183
ミュージアムの外には、こんな感じで人形がいろいろと。
作品を超えた組み合わせもちらほらです。
Cimg3181
入場時に渡されるガイド。
いろんな禁止事項がありますが、
"ネズミ"の入館はご遠慮…粋ですね(^^)
あ、ちなみに、ミュージアムの職員の皆さんは、
皆さんベレー帽をかぶっていらっしゃるんです。
ベレー帽がトレードマークだったF先生っぽい雰囲気が、そこにもありました。
なお…女性職員の制服、かなりかわいらしいです(^^)

と、ミュージアムの中に入っていくわけなのですが、
音声ガイドを片手に、F先生の半生を追っていくような、そんな内容。
合わせて、F先生が描いてきた作品を追っていく…という感じで。
2時間ごとの入場制になっているんですが、
全部しっかりガイドを聴いて、展示物を観て…という感じだと、
とても2時間では足りないぐらいです(^^;)
いや、しっかり観たいですもんね!

「オバケのQ太郎」「パーマン」「21エモン」「ウメ星デンカ」、
「ジャングル黒べえ」「キテレツ大百科」「エスパー魔美」「チンプイ」、
そしてもちろん「ドラえもん」に「大長編ドラえもん」などなど…
F先生の遺された作品群を、1つ1つ、追っていきました。

「ドラえもん」はもちろんどんぴしゃ世代ですし、
その他の作品も80年代から90年代前半にかけて、
本当になじみ深い作品ばかり。
逆にほとんど読んだことのない作品なのですが、
F先生…というより、藤子不二雄先生の初期作品、
「海の王子」「てぶくろてっちゃん」「すすめロボケット」
このあたりにすごい興味を持ちましたね。
後の「ドラえもん」につながっていく要素がたくさんある作品でした。

それから館内では短編映画の上映もありました。
F先生のキャラが総登場!という感じの作品で、
ドラえもんとパーマンが中心になって展開される作品です。
「ドラえもん」は水田わさびさん他の現キャストでしたが、
「パーマン」が1983年放送版のオリジナルキャストだったのが嬉しくて!
パーマン1号・須羽みつ夫役の三輪勝恵さん。
実はTBSラジオエキサイトナイターのCMで、エキベーの声(!)もあてられている方で。
1967年版の「パーマン」も担当された、もう大ベテランの方なんですが、
全然今もお声が変わらないのにびっくりでした(^^)

映画の内容は本当、ドタバタという感じの内容なんですが、
なんですかね、F先生のオールスターキャストが次々に飛び出してくるところとか、
それだけでなんか、ほろっときちゃいまして…

F先生が使われていた机とか、お部屋の再現とか。
8ミリカメラやカメラ、バッグなどの展示もあったり、
お子さんのために作られた手作りのポストなんかもあったり。
まさに、F先生のすべてがここに収められている、という感じで。
展示物は、奥様からF先生へのお手紙、というところで終わるんですが、
そのお手紙の字を追っていくだけで、やっぱり胸が熱くなるんですね…
F先生が描かれたまんがを読んで育ってきた皆さんが、まさに集う場所。
心が温かくなる、すばらしい場所でした。
Cimg3185
所用がありまして、あまり長くはいられなかったんですが、
今度はこんな1号&2号のようにのんびりと!
朝からゆっくり、来てみたいですね。
ちなみにミュージアム内のレストランは、なんと130分待ち!
さすがにそこでのランチはあきらめました(^^;)
食べたかったなあ、「ジャイアンシチュー」(^^)Cimg3191
帰りのバスは、ドラえもん仕様のバス!
Cimg3190
ブザーはドラちゃんでした(^^)
やっぱり、かわいいですよね。
Cimg3188
つり革も!
完全徹底です(^^)
こんな感じの夢いっぱいのバスが、
Cimg3194
また新しい、F先生の世界に触れていくお客さんを乗せていく姿を観ながら、
F先生のミュージアムの街・登戸をあとにしました。
って、よく見ると、バスのナンバープレートも「2112」なんですね!
そう、今年2012年は、「ドラえもん誕生100年前」にあたる年なんです(^^)
きっと「ドラえもん」、今年は例年以上に盛り上がりますよ!

というか今思い返してみると、
自分が初めてプロ野球を観たのが、
1981年7月20日の巨人vs大洋戦だったんですが、
3塁側に座ってて。
ちょうどホエールズ応援団が近くにいて。
で、そこに何故か、ドラえもんの着ぐるみがいたことを覚えてるんですよ。
なんか、その頃から実は、ホエールズ=ベイスターズにも、
縁があったのかもしれないな、なんて思ってます(^^;)

で、話は戻って。
実はミュージアムのチケット、結構すぐ売り切れちゃうんですよ。
なので、行こうとすると、1ヶ月ぐらい前から計画しておかないと、
なかなか思い立った時に行けない、というところでもあるんですが、
長期的計画にのっとって、また是非行ってみたいと考えています!
今度行くのは、ベイスターズのシーズンオフになるかなあ…

でも本当、またゆっくり行ってみたいところです。
神奈川県内に、また大好きな場所ができてしまいましたよ(^^)
そういえば会社の人に、「博物館に行ってくる」と言って、
「どこの博物館?」って訊かれて「登戸」って答えたら、
「あー、藤子不二雄のね!」と即答されました(^^)
やっぱり小田急線沿線では、かなり認知されているんですね(^^)

皆さんも機会があったら、是非行ってみてください。Cimg3199
F先生の世界を、どっぷりと味わってみてください!

にほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ
にほんブログ村

|

« 横浜DeNA6対5オリックス(観てないけど)、そして筒香離脱へ… | トップページ | サンキュー、マーク。―MARC KROON #42― »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

バケラッタ☆。バケラッタ◎。バケラッタ△。バケラッタ♪。バケラッタ∬。バケラッタλ。バケラッタΣ。バケラッタ?バケラッタ〇。バケラッタ◇。バケラッタ!。バケラッタ凸。バケラッタ凹。バケラッター。アニメ同好会(名前検討中 オバケのQ太郎を語る会

投稿: & | 2012年8月25日 (土) 00:50

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40080/54024112

この記事へのトラックバック一覧です: 藤子・F・不二雄ミュージアムに行ってきました。:

« 横浜DeNA6対5オリックス(観てないけど)、そして筒香離脱へ… | トップページ | サンキュー、マーク。―MARC KROON #42― »