« 「ダグアウトの向こう2013」上映会3日目。/13.12.14 | トップページ | その後のdiana。/2011 岡本愛子さん&鈴木ありささん編 »

日本野球ポスター展に行ってきました。

さて、
昨日有馬記念の馬券を買いに行った、その帰り道。
こちらにも立ち寄ってみました。
Cimg9409
野球殿堂博物館(旧・野球体育博物館)。
野球ファンにはおなじみの場所ではありますが、
こちらでこんな企画展を、現在開催中でした。
Cimg9410
日本野球ポスター展!
すっごい気になりまして、ふと、立ち寄ってみました。

この展示会は、
プロ野球の各球団や学生野球の大会・イベントなど、
各種、この2013年の野球関連のポスターの中から、
特に抜粋されたものを展示しているという、
期間限定の企画展示です。

以下、残念ながら「家庭用に撮った写真」以外は撮影禁止だったので、
画像は基本なしになります。

その会場に入ってみると、
入口一番手前に、今年日本一のイーグルスのポスターが4枚。
Cimg1456
これは、その掲示されているものの中から、1枚。
※写真は仙台のイーグルロード沿いで撮影したものです。

以降、パ・リーグは今年の順位順に、
Cimg9697
Cimg1206
こんなイメージの、ポスターが掲示されていました。
各球団につき、2枚から4枚ぐらいの掲示でしたですかね?
※上の画像のポスターが掲示されていたわけではありません。

そしてセ・リーグは、と思うと、
何故か順位順になっておらず、
スワローズでなくベイスターズが一番最後に(^^;)
Cimg7831
サンプル例を出すと、
ドラゴンズは、このポスターをはじめとして全部で4枚。
※この写真はナゴヤドーム現地で撮影したものです。
Cimg4275
スワローズは、
このシリーズから抜粋しての展示になっていました。
そして我らがベイスターズからは2枚。
Cimg0070
これではありません(^^;)
今年インパクトの大きかったものぞろいだったベイスターズのポスターから、
2枚、抜粋されて、紹介されています。

と、ここまで展示内容をほぼ隠し隠しでやってきましたが、
野球殿堂博物館のHPを観ると、
展示されているポスターの名称がすべて公開されていました(^^;)
もしよければ、ぜひ参考にしてみてくださいね。

本当、それらのポスターを観ていて、
正直言えば、ポスターから受けるインパクト・センスは、
パ・リーグがセ・リーグを、圧倒しているなあ、という印象でした。
抜粋されたものばかりが掲示されている、
ということもあるでしょうけれど、ね。
パの各チームの方が、より魅力的なポスターを、
世に生み出してくれているなあ、という印象です。

ちなみに個人的に一番自分の心に残ったのは、
オリックス・バファローズの、あるポスターでした。
素敵なポスターだと思っています。
ベイスターズでも、こんなポスターを作ってほしい、そう思うほど。

でも、今年のベイスターズのポスターも、
それぞれにインパクトのあるものばかりでしたし、
正直、セの中でもベイスターズは、パに見劣りしないものが多かったかな?
なんて、ひいき目も入っているでしょうが、そう思いましたね。

とにもかくにも、そのポスターを観て、
あんなこと、こんなこと、今年あったなあ、なんて、
思い返せる、思い出せる。
そんな企画展示になっていましたよ。

もし野球殿堂博物館に行ける方は、是非!
立ち寄ってみてください。
来年1月26日(日)まで、開催されています。
概要は野球殿堂博物館HPで。年末年始のお休みにもご注意を!

ちなみに、1月7日(火)までは、この会場で、
日本野球ポスター2013総選挙を受付中とのことです!
掲示されたものの中から、お気に入りのポスターを1枚選んで投票。
1月10日(土)に、会場で、上位10点の結果発表があるようですよ!

自分も1枚、投票してきました。
どんな結果になるか、また観に行かなきゃですが、
その結果を、楽しみにしています!

にほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ
にほんブログ村

|

« 「ダグアウトの向こう2013」上映会3日目。/13.12.14 | トップページ | その後のdiana。/2011 岡本愛子さん&鈴木ありささん編 »

23.イベント」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40080/58799312

この記事へのトラックバック一覧です: 日本野球ポスター展に行ってきました。:

« 「ダグアウトの向こう2013」上映会3日目。/13.12.14 | トップページ | その後のdiana。/2011 岡本愛子さん&鈴木ありささん編 »